医師転職サイトは医師人生のパートナー

-shared-img-thumb-N934_ktebukurowosurudrm_TP_V

医学部に通う学生たちは大学進学前、高校までに「自分は医師になりたい」という希望を抱きます。小さい頃に診てもらった医師に憧れを持った人、TVドラマの影響から医師になりたいと考えた人、医師として海外の難民の治療をしたいと考えた人、それぞれ意志を持って高校時代の過酷な医学部受験勉強を乗り越えていきます。相当な気持ちの強さがなければ医学部入学は果たせないでしょう。また医学部は学費が非常に高いということでも有名です。研修期間も長く、実際に一人前の医師として就業するのは大学在籍期間も含めて10年程です。学費を抑えるためにも国立大学を目指す学生は非常に多いです。しかし難易度も当然上がってきますので、入学をするために一浪・二浪することも当たり前になっています。そして見事合格した学生たちは大学在籍中に「自分はどの専門医になるか」「具体的にどんな医師を目指すか」を決めていきます。医学部のカリキュラムは6年制で生物学・化学・物理学に加えて、英語・ドイツ語も同時に学んでいきます。医師として必要な知識・教養を身につけつつ、研修を何度も受けてすぐに実務に入れるように訓練を繰り返し受けていきます。正直医師として失敗できるのは学生の内だけです。社会に出れば医師という仕事はミスが許されない仕事になります。ミス=患者の死ですのでこの間にたくさん失敗を重ねて同じミスを繰り返さないように訓練をしていきます。医師の国家試験もそんな誤った判断を失くすために非常にシビアな内容になっています。

また医師は知識・学力も大切ですが、体力も非常に重要な要素です。医師に就職後に体を鍛えるためにジムに行ったりスポーツを始める人も多くいます。医師は患者を健康にするために奮闘する仕事ですが、あまりの忙しさに自分の健康をないがしろにする医師も多くいます。命を削って命のために働く医師が多くおり、医療業界の長時間労働・重労働の体勢はまだまだ改善されていません。

そうやって何年も医師として勤めた後、自分の理想を求めて転職を希望する医師が現れてきます。経験を積み、どこの医療機関でもやっていけると自信がついた医師は「こんな医師になりたい」という希望のもと次の職場へと転職していきます。近年その際に利用される機会が増えているのが医師の転職サイトです。医師転職サイトにはコンサルトがいますので、「こういった医師になりたい」といったプランを伝えるだけでプロの視点からプラン立ての手助けをしてくれたり、案件を探してきてくれたり、希望する条件に合致するよう医療機関側と交渉してきてくれたりします。医師が転職される際にはまず医師転職サイトに登録してコンサルトに相談するところから始めるべきでしょう。

医師転職サイトならここ